エアコンと石油ストーブはどっちが安い?コスパがいいのは?徹底調査!

記事内に広告が含まれています。

こんにちは

電機メーカーでの商品開発経験10年の知識を活かして、エアコンのお得情報を発信しています。

今回のテーマはこちら!

エアコンと石油ストーブはどっちが安い?コスパがいいのは?徹底調査!

こんなことでお悩みの方へ
  • 暖房はエアコンと石油ストーブどっちがおすすめ?
  • イニシャルコスト、ランニングコストどっちがオトク?
  • エアコンってちゃんと暖房できるの?

お忙しい方のために先に結論をお伝えします

結論はこちら!
  • イニシャルコストは石油ストーブの方が安い
  • ランニングコストはエアコンがオトク
  • 最低気温-15℃以下の寒い地域や積雪の多い地域では、石油ストーブの方が安心感はある
  • 寒冷地においてエアコンだけで暖房したい場合には、寒冷地向けエアコンを選べばOK!
\エアコン取付費用はチャットで無料見積もり!/
スポンサーリンク

エアコン vs 石油ストーブ どっちが安い?

まず気になるのはお値段。

機器の購入代(イニシャルコスト)と使用時にかかる燃料費(ランニングコスト)をそれぞれ解説します。

イニシャルコスト

イニシャルコスト比較
  • エアコン:40000円~(+取り付け費用)
  • 石油ストーブ:15000円~

石油ストーブの方の勝利!

エアコンは機器代自体も石油ストーブよりも高いですが、それに加えて取り付け費用が必要なので最安でも5万円は超えてしまいますね。

また取り付けに際して壁に貫通穴が必要だったり、室外機の置き場が必要だったり、場所によってはそもそも取り付けが難しい場合もあります。

一方石油ストーブは持ち運び自由で、置き場所に困ることは基本的にありません。
(ただし石油ストーブの中でもFF式と呼ばれる機種だけは壁を貫通させてガスを排気するため、移動不可です。)

これらのイニシャルコストや設置上の制約を考えると、石油ストーブの方が圧倒的に導入しやすいと言えそうです。

参考に石油ストーブとエアコンの各ECサイトの価格をご紹介します。

石油ストーブ

ミュージック昭和
¥33,000 (2024/04/18 22:52時点 | 楽天市場調べ)

エアコン

家電と住宅設備の【ジュプロ】
¥59,500 (2024/04/16 23:53時点 | 楽天市場調べ)

ランニングコスト

ランニングコスト比較
  • エアコン:1時間あたり32円
  • 石油ストーブ:1時間あたり48円

ランニングコストはエアコンの勝利!

試算条件
  • エアコン:4.0kWの暖房能力をCOP3.5で出す場合の消費電力は約4.0÷3.5≒1.2kW→電気代は1kWhあたり27円とすると、1.2×27≒32円
  • 石油ストーブ:灯油の燃費は10kWh/L→4.0kWの暖房能力を出すために必要な灯油は0.4L→灯油は120円/Lのため、120×0.4=48円

エアコンのCOPは、エアコン効率のこと。

これが3.5ということは1の電力で3.5の暖房ができます。(一般的なエアコンレベル)

一方石油ストーブは灯油を燃焼させることで暖房エネルギーを得ますが、こちらの効率は機器によってほとんど差はありません。

エアコンの方が効率がよくランニングコストは3割程度カットできますね。

エアコン vs 石油ストーブ どっちが快適?

続いては快適性です。

暖まりやすさ

暖まりやすさでは、石油ストーブに軍配が上がります。

石油ストーブの方が快適な理由
  • 床付近に設置されるため、足元から温めることが可能
  • スイッチONからの温風が出始めるまでの時間が2分程度で早い
  • 室外の影響を受けずに長時間連続運転可能
エアコンの快適性がイマイチな理由
  • 壁かけタイプは地上2m以上の壁に取り付けられるため、足元が寒い
  • スイッチONから温風がしっかり出始めるまでに5~10分以上かかる
  • 室外機が凍ってしまうと霜取り運転を行うために暖房運転が停止してしまう

北海道、東北、北陸といった冬が寒くて積雪の多い寒冷地域ではエアコンがパワー不足と感じることが多いでしょう。

一方で最近は寒冷地向けエアコンも多数販売されるようになり、弱点を補強したモノも増えてきています。

通常のエアコンよりも値は張りますが、エアコンに温かさを求めるなら寒冷地向けエアコンがおススメです!

安全性

安全性はエアコンの勝利!

石油ストーブは床においてある分、人が触れてしまいます。

特に小さな子どものいるご家庭では、石油ストーブを倒して灯油が地面にこぼれてしまう可能性もあります。

エアコンは基本的には人が触れない位置にあるため、触れてケガをするようなことはありません。

清潔さ

こちらは互角!

石油ストーブは給油口から自分で灯油を入れる必要があり、その際に多少こぼれてしまうことがあります。

また、灯油が燃焼する際には二酸化炭素と水分を放出します。

水分は加湿という意味で有難い場合も多いのですが、二酸化炭素濃度が上がると頭がぼーっとしたり極度な濃度では意識障害を引き起こすこともあるため、定期的な換気は必須です。

一方のエアコンはエアコンで、二酸化炭素の排出はないものの内部の清掃が難しく、カビの温床になりやすいという特徴があります。

久しぶりに付けたエアコンからすっぱい臭いがしたり、かび臭かったりするのはこれが原因ですね。

手軽さ

手軽さも互角です。

石油ストーブは自由に持ち運びでき、自分ではできない取り付け作業も不要な一方、定期的な灯油の補充作業が必要です。

エアコンは定期的な燃料補充は不要な代わりに、取り付け時は専門業者の手を必要とします。

イニシャルの楽さは石油ストーブ、ランニングの楽さはエアコンです。

生活空間への影響

エアコンの方が生活空間への影響度は少ないです!

基本的には床から2mの高さの壁面に設置されるため、生活するうえで邪魔になることはありません。

設置工事が必要な分、普段の生活への影響は少ないということです。

石油ストーブは基本的には床に直置きすることになるので、生活の導線からは外すなど場所を選ぶ必要がありますね。

エアコン vs 石油ストーブ 結局どっちがおすすめ?

今までの話をまとめると・・・

石油ストーブがおススメな人
  • 工事なしで手軽に暖房を導入したい人
  • 導入の初期費用を抑えたい人
  • 足元から暖まる快適暖房がいい人
エアコンがおススメな人
  • ランニングコストを抑えてエコに暮らしたい人
  • 燃料補充の手間が嫌な人
  • 冷房と暖房を1台で両方まかないたい人

初期投資の楽さは石油ストーブ、導入後の楽さはエアコン!

さいごに

本サイトでは、冷房や暖房にまつわるお得情報を多数配信しています。

あなたにぴったりなエアコンガイドなどもありますので、是非参考にしてください。

何か不明点があれば「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました